スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★八百万の神~不倫

古来私たち大和民族は八百万の神を信仰してきました。

自然のもの全てには神が宿っていることが、「やおよろずの神」の神の考え方です。

山の神様、田んぼの神様、トイレの 神様、台所の神様など、米粒の中にも神様がいると考え、あらゆるものの陰陽(
男根と女陰)をつかさどり、生産と豊饒の管理を行った」とあります。

生産と豊穣を祈り、祝うことが神のつかさどるところなので日本の神様はキリスト教などと違い規律を定めるものではありません。

現在の人間の繁栄は生産と豊穣の賜物であり、もし古来不倫という考えが悪であるならば、人間はこれほど繁栄はしていなく、お世継ぎの埋めない女子は抹殺されてきたでしょう.


不倫で悩む女性も多いですが、悪と考えるのはモラルであって、神はそれは裁きません。裁くものがあるとすれば神に仕える人間であり、モラルは時代の流れとともに変化するものです。

人を思う気持ちは不倫だとか結婚だとかのモラルに縛られるものではなく、もっと崇高なもので、それに伴う行動のみ各々のモラルがあるだけなのだと思います。





バラカンツオーネ火星牡羊座
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Office mao you-ka 代表 真央ゆうか

Author:Office mao you-ka 代表 真央ゆうか
西洋占星術とフラワーアレンジメントの技術を融合させた「アストロロジーフラワーアレンジメント」を主宰しています。カウンセリングは「あきらめない男と女のフォーチュンカウンセリング」をテーマに西洋占星術、四柱推命、インスピレーションタロットを使ってカウンセリングをしています。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。